dear deer designでは、Web制作・各種ロゴ作成・データー入稿用電子データー作成・写真撮影依頼受付中です!

deardeerdesignロゴ

伝えたいこと

「Webサイトとは、Webサイトを見る人とお客様とのコミュニケーションのための道具である」
dear deer designは、そう考えます。
そして、Webサイトを作ることそれ自体は私たちの目的ではありません。

いやしくもWebサイトを作ることを仕事としている以上、"Webサイトを作ることが目的ではない"と申し上げるのは矛盾しているかもしれません。

しかし"Webサイトを作ること"ただそれだけを最終目的として、お仕事をさせていただいているわけではありません。お客様がWebサイトを見る人とのコミュニケーションを図るため、考えられる限り最適な"Webサイト"という道具を作りたい。そんな強い思いを抱いて、ひとつひとつのWebサイトを制作しています。

Webサイトの構築の際に、私たちが一番大切にすること。
そして一番時間を費やしてお聞きすること。
それは、お客様がWebサイトを構築する目的です。
入念かつ丁寧に、お客様と目的のヒアリング・ご相談をおこないます。時には、ヒアリングやご相談だけのため、何時間も時間を費やしたり、何十通ものメールのやりとりをすることもあります。

「目的といきなり言われても…」
そう思われるお客様もいらっしゃるかもしれません。
ですが、ご安心ください。dear deer designでは、このヒアリングやご相談を、第三者という私たちの目を通して、御社製品やサービスの強み・魅力などを新たに見つける機会になれば、と考えております。個人のお客様であっても、それは決して変わりません。

Webサイトだけに限らず、デザインの世界に"答え"はありません。
けれど、もっとも"答え"に近いものを作り上げることはできます。

そのために、徹底的にお話を伺います。それは全て”Webサイト”という道具が、やがてお客様にとって手放せない実用の道具として能するためです。

その上で、サイトを見る人を想定し、必要なコンテンツと、そこへお客様を導くための導線を作り出します。もちろん、お好みのデザイン・色・機能についても可能な限り実装いたします。

また、dear deer designでは、営業担当がデザイナーであり、html・CSSを書くコーダーでもあります。そのため、ヒアリングの結果を直接制作に反映させ、スムーズかつスピーディーな制作が可能です。ヒアリングからサイト納品・保守運営まで、1人の担当者がお客様と一対一で向き合います。

”Webサイト”は道具です。
道具だからこそ、お手入れが必要です。道具は作っただけで終わりではありません。

ちょっと手のかかる便利な道具、それがWebサイトなのです。制作が終わったあと、ほとんど必ずといっていいほど「ここを変えたい」「この情報は古くなったので更新したい」そうしたご要望が出てきます。

そこで、dear deer designでは、運営保守費用を初回見積もり時にご提案いたします。
ヒアリング時に、お客様ご自身での更新をお望みであることを伝えていただければ、更新のためのレクチャー講座なども実施いたします。また、CMSも含めてご提案が可能ですので、お気軽にご相談いただければと思います。

"なぜ鹿(deer)なのか"という理由を少し書いておきたいと思います。

そう難しい話ではなく、代表が奈良が好きで、その象徴的イメージである鹿を、ゴロがよかったので"dear"と"design"と組み合わせました。いたって単純です。けれど、大好きな奈良への思いのように熱く優しい気持ちを常に持って、Webサイトやデザインにかかわる仕事をしていきたい、そんな風に考えています。

弊事務所は、2011年にスタートをきったばかりの、小さな小さな事務所です。何もかもこれから。広がり続けるWebの世界と、お客様と、一緒に素敵なものを作って行ければと考えています。

どうか、よろしくお願い申し上げます。